出産入院時の診療費に係る消費税額の誤徴収についてこのページを印刷する - 出産入院時の診療費に係る消費税額の誤徴収について

令和3年12月22日
独立行政法人国立病院機構
東京医療センター            
病 院 長

出産入院時の診療費に係る消費税額の誤徴収について

この度、当院において、出産入院時の費用について、非課税とすべきところ、その一部を誤って課税処理していたため、消費税額を誤徴収していたことが判明いたしました。当院の不手際により、ご迷惑をおかけしました皆さまに対し、心よりお詫びを申し上げます。
該当する皆さまには、速やかに返金するとともに今後はこのようなことがないよう、職員の理解の増進及び院内における確認体制の構築などの再発防止に取り組んでまいります。

1.概要   

当院が請求した出産入院に係る一部の診療費において、本来であれば消費税額を非課税として計算するところ誤って課税として計算していたため、消費税額を誤徴収していたものです。

  1. 返金対象となる方の数:3人
  2. 返金額の総額:11,900円(遅延損害金を除く)

2.対応方針

  1. 返金対象となる方には、個別に連絡のうえ、誤徴収した消費税相当額、及び誤徴収によって生じた遅延損害金を速やかに返金します。
  2. 本件に関する消費税の修正申告については、今後の消費税の申告に併せて行うこととしています。