人工関節センター

外来担当医表

診察場所 初診/再診 診察時間
診察室3   午前 〇藤田(股関節)   金田(膝関節) 〇藤田/亀田(股関節) 金田(膝関節)

◇印は副院長
〇印は医長

概要・基本方針

低侵襲手技による人工股関節置換術を2012年4月より導入し、クリティカルパスの入院期間短縮化、同種骨バンク整備を行い、2013年10月1日より人工関節センターを開設しました。
股関節および膝関節疾患の人工関節手術に関する専門部門になります。各々の専門医が診療にあたり、特に人工股関節手術はわが国有数の手術件数を誇り、人工関節センターを開設以来、人工股関節置換術の症例数は右肩上がりに増えております。2019年4月1日~2020年3月31日までの初回人工股関節置換術(THA)、人工股関節再置換術(Revision THA)を合わせて計223件を施行しました。目黒区・世田谷区だけでなく、秋田・静岡・山梨・千葉・茨城・埼玉など遠方からの紹介患者も多数引き受けています。

2020年4月以降の手術件数も前年度以上のペースで行っています。ほとんどの症例で手術アプローチは筋腱を温存した最小侵襲手技によって行い、再置換術など限られた症例のみで後方アプローチを行っています.この最小侵襲手技による方法は筋腱を傷めないことにより、術後疼痛の軽減、歩行能力の改善が早く、術中出血量も少ないというメリットがあります。トラネキサム酸の術直前および閉創前局所投与によって自己血貯血もドレーン留置も当院では行っていません。両側同時人工股関節置換術も積極的に行っています。
人工膝関節置換術に関しても、地域の医療連携施設から多くの紹介患者があり手術件数は増加の一途にあります。2020年は44件行いました。

診療の特徴

当センターは整形外科単科病院の人工関節センターではないので、重度の合併症を有する症例や術中・術後の合併症が生じた症例に対しても他科との迅速な連携によって周術期管理が安心・安全に行われるのが一番の特徴です。また、人工関節手術にいたる前の患者さんに対する自己多血小板血漿(PRP)を用いた 再生医療の医療連携も行っており、変形性関節症に対するPRP関節内注入療法(自費医療)を導入しています。

人工股関節に関しては、基本的に筋腱を温存した最小侵襲手技によるアプローチ(Modified Watson-Jones approach (OCM) を用いて行っています。このアプローチの特徴は中殿筋を傷めないことにより術後疼痛が少なく、早期の回復が期待できます。後方支持組織の温存と関節包の修復により後方脱臼のリスクが極めて少なくなります。トラネキサム酸 の術前静脈内投与と関節内投与により出血量は平均 130ml で少ない時は 100ml 以下でありドレーン留置は行っていません。さらに、術前の自己血貯血も行っておらず、術後の同種輸血も行なっていません。再置換術や大腿骨に引き下げが必要な症例、Crowe 4型の脱臼性股関節症で大腿骨短縮骨切り術を併用する症例の際には後側方アプローチを選択しています。

全例で術前骨盤CTを撮影し専用ソフト(Zed Hip)を用いて3次元的な綿密な術前計画を行い、患者自身に最適なインプラントを選択しています。骨塩量を測定し、骨脆弱性がある場合にはセメント使用インプラントも選択しています。

人工膝関節に関しては、人工膝関節全置換術(TKA)だけでなく、下肢アライメントが保たれていて、外側の関節軟骨の変性が少ない場合には人工膝関節片側置換術(UKA)を積極的に適応しています。UKAは侵襲が少ないので術後の疼痛が少なく、患者満足度が高い傾向にあります。

扱う主な疾患

変形性股関節症、特発性大腿骨頭壊死、変形性膝関節症、関節リウマチ

診療実績

手術件数

人工股関節置換術
手術件数
2020年 171
2019年 223
2018年 198
2017年 217
2016年 208
人工膝関節置換術
手術件数
2020年 44
2019年 64
2018年 54
2017年 90
2016年 65

スタッフ紹介

藤田 貴也
氏名
藤田 貴也
職名
人工関節センター長/整形外科医長
卒業年度
1995年卒
資格
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本人工関節学会認定医
専門分野
股関節、人工関節手術、骨粗鬆症
金田 和也
氏名
金田 和也
職名
人工関節センター副センター長/整形外科医員
卒業年度
2010年卒
資格
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、日本人工関節学会認定医
専門分野
膝関節、人工関節手術、スポーツ整形外科(膝関節)
亀田 隆太
氏名
亀田 隆太
職名
整形外科医員
卒業年度
2011年卒
資格
日本整形外科学会専門医
専門分野
股関節、人工関節手術、再生医療
道振 康平
氏名
道振 康平
職名
整形外科医員
卒業年度
2015年卒
資格
日本整形外科学会専門医、日本内科学会認定医
専門分野
股関節、人工関節
expand_less