眼科

外来担当医表

診察場所 初診/再診 診察時間
診察室1     川島(再診) 矢島(再診) ○秋山(初診・連携室) 松木(初診・連携室) 渡辺(再診)
診察室2     渡辺(初診・連携室) 藤井(初診・連携室) 松木(再診) 中江(再診) 川島(初診・連携室)
診察室3     中江(初診・連携室) 陳/早川(初診・連携室) 桑原(再診) 成尾(再診) 藤井(再診)
診察室5     ○野田(再診) ○野田(再診) ○野田(連携室) 中江(再診) ○秋山(再診)
診察室6     陳(再診) 中江(初診・連携室) 矢島(初診・連携室) 早川(再診) 佐々木(午後)(黄斑変性)
診察室7     角田(連携室)   角田(再診) 岩波(午後)
(LASIK)
大野(午後)
(LASIK)
特殊外来   午後 網膜硝子体 角膜外来 網膜硝子体 緑内障外来 黄斑変性外来
    ロービジョン   屈折矯正

初診は予約制です。

概要・基本方針

当院眼科は、白内障、緑内障、網膜硝子体手術から、エキシマレーザーを用いた角膜手術まで、高い専門性を要する疾患の診断・治療を行っています。また、付属の臨床研究センターとの連携により、一般臨床研究から遺伝子解析まで、視覚に関する総合的な医療の向上に貢献できるよう努力しています。
また、当院眼科は日本眼科学会認の眼科研修プログラム施行施設(基幹研修施設)であり、眼科専門医を取得するのに必要な研修プログラムを受けられる教育施設として毎年、眼科専攻医を受け入れ教育しています。

診療の特徴

専門外来別診療内容

〔1〕網膜硝子体外来

担当医師 秋山邦彦・渡辺健・松木考顕
担当疾患 網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑部疾患その他の眼底疾患全般

網膜硝子体疾患の診断と治療を行なっています。レーザー治療、硝子体手術、網膜剥離に対するバックリング手術などを病態に合わせて選択し、緊急手術にも対応しています。患者様のご紹介は、各担当医師の初診地域連携枠で承ります。

〔2〕黄斑変性症外来

担当医師 佐々木真理子

加齢黄班変性症は、近年増加傾向にあり、高齢者の視力障害の主な原因の一つとなっています。最近、検査法、治療法ともにめざましい進歩がみられ、当院でも新しい治療法を積極的に導入しています。黄斑変性症外来では、蛍光眼底造影、光干渉断層計(OCT)などの検査結果をもとに、抗VEGF製剤の硝子体内注射をはじめ、光線力学療法(PDT)、網膜光凝固、ステロイド注射などの治療を症例にあわせて行っています。また、抗VEFG製剤の適応が拡大され、網膜静脈枝閉塞症、糖尿病網膜症、血管新生緑内障などに対しても治療を行っています。

〔3〕網膜変性症外来

担当医師 角田和繁(臨床研究センター視覚研究部長)
藤波芳(臨床研究センター視覚生理学研究室長)
中村奈津子(非常勤)
川島弘彦(医員)
担当疾患
  1. 遺伝性網膜疾患(黄斑ジストロフィ、網膜色素変性、先天性夜盲症等)
  2. 原因不明の視力障害

通常の眼科診療では診断が困難な遺伝性網膜疾患や、原因の分からない視力・視野障害全般を対象としています。症状・経過について詳細にお尋ねしたうえで、各種の機能的検査、網膜画像検査、電気生理学的検査等を行い、正確な診断に結びつけます。地域のクリニックから全国の大学病院まで幅広くご紹介を受け入れ、専門性の高い診療を行っております。また、必要に応じて遺伝学的診断(遺伝子検査)を行い、病気の原因や特徴、治療方針について詳しく説明を致します。さらに、視覚障害者に対してご支援をするためのロービジョン・リハビリテーションも実践しています。

初診のご案内 角田外来:遺伝性網膜疾患、および原因不明の視力障害全般
(月曜日午前、紹介予約制)
藤波外来:遺伝性眼科疾患(すでに大学病院等で遺伝性疾患と診断された方)
(木曜日午後、メール予約(*))
川島外来:遺伝性網膜疾患
(金曜日午前、紹介予約制)

(*)藤波外来(遺伝性眼科疾患外来)では、すでに診断が確定した遺伝性網膜疾患の患者様に対して、遺伝カウンセリング、遺伝子検査(自費診療)を行い、最新の遺伝学的治療についての情報提供を行っています。ご予約の際には、 までメールでご連絡下さい。

〔4〕角膜外来

担当医師 藤井祥太

角膜移植手術が必要な場合、当院ではアメリカのアイバンクからの輸入角膜を用いて手術を予定手術で行う体制を整え、全層角膜移植術と角膜内皮移植術を病態に応じて適切に選択、実施しています。
エキシマレーザーを用いた治療的角膜切除術(PTK)は、アベリノ角膜変性症と帯状角膜変性症を主な治療対象としており、東京都内外の各病院からご紹介をいただき、実施しています。

〔5〕エキシマレーザー手術・屈折矯正外来

治療的角膜切除術担当医師 藤井祥太
根岸一乃、大野建治・岩波将輝(非常勤)
屈折矯正手術担当医師 大野建治・岩波将輝(非常勤)

近年、エキシマレーザー屈折矯正手術はLASIK専門施設で行われることが多くなり、基幹医療施設でのLASIK手術・PRK手術は減少していますが、白内障術後の屈折度数ずれなどに対するタッチアップ手術などは時に行われています。それらの状況から、エキシマレーザー手術機器を備える大学病院・基幹病院は極めて少なくなり、医学的適応から治療的角膜切除術(PTK)を要する症例に対しての適切な施術が困難となってきています。当院では、それらの症例の治療を担う施設として多くの基幹病院からご紹介をいただいております。

〔6〕緑内障外来

担当医師 矢島潤一郎、成尾麻子(非常勤)

緑内障の診断加療を行っています。手術治療は、様々な病態に対して、レーザー治療、通常の線維柱帯切除術から、難治性症例に対するチューブシャント手術、また、iStent留置をはじめとする眼への侵襲を極力抑えたMIGS手術(micro invasive glaucoma surgery)の中から適切に選択して行っています。

〔7〕眼形成外科外来

担当医師 桑原克彦(非常勤)
担当疾患 眼瞼下垂症、眼瞼内反症、眼瞼腫瘤、結膜弛緩など

主に眼瞼疾患の治療を行っています。眼瞼疾患は角膜など眼表面疾患の原因となることもあり、病態を的確に診断し適切な治療を行うことが重要です。形成外科と必要に応じて連携をとり、両科の長所を融合させた治療を行っています。

〔8〕ロービジョン外来

担当 小川佳子、野村純子(視能訓練士)

視覚障害があって、「見えにくい」、「まぶしい」など、様々な日常生活の場面で感じている方の不便や問題を少しでも解消して、「読書をしたい」「遠くの物を見たい」、「コンピューターを使ってみたい」など、今ある「見る力」を使って、今まで難しかったことを可能にする方法を一緒に探すお手伝いをする外来です。また関連する情報の提供もしています。

診療実績

過去10年間の手術実施件数

年度 白内障 緑内障 網膜剥離 硝子体手術 斜視 角膜移植 外眼部手術 合計
2010 1341 17 65 224 48 38 50 1783
2011 1314 12 62 226 60 32 79 2397
2012 1517 16 86 254 73 26 38 2765
2013 1354 31 43 264 3 15 47 2735
2014 1667 7 101 310 3 51 95 2181
2015 1737 25 86 254 4 41 133 2199
2016 1987 37 101 240 7 32 127 2485
2017 1859 30 119 306  9 32 144 2445
2018 1867 29 92 271 5 30 99 2390
2019 2011 48 96 255 2 0 73 2485
2020 1966 33 71 237 2 2 47 2256

専門外来別診療内容

〔1〕網膜硝子体外来

【原因疾患別硝子体手術件数】
原因疾患 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
網膜剥離/PVR※1 41 53 48 55 52 46 83 60 79
黄斑上膜 41 56 90 81 78 85 103 103 96
糖尿病網膜症 41 47 37 60 29 24 21 8 9
網膜静脈閉塞症 12 8 8 8 12 2 3 2 4
黄斑円孔 43 40 26 31 35 38 41 44 21
他:出血・浮腫 35 34 41 52 34 23 34 30 21
水晶体・眼内レンズ脱臼 11 13 14 23 14 22 19 22 7
血管新生緑内障 2 3 0 0 0 0 2 2 18
合 計 226 254 264 310 254 240 306 271 255

※1:増殖硝子体網膜症

〔2〕黄斑変性症外来

【最近のPDT・TTT・抗VEGF製剤硝子体注射の治療実績】(件)
年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
光線力学療法(PDT) 8 9 9 1 5 2 2 1 4 2
経瞳孔温熱療法(TTT) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
抗VEGF剤
硝子体内注射
449 589 666 920 1269 1609 1932 2097 2210 2216

〔3〕角膜外来

【原因疾患別角膜移植手術件数】
年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
水疱性角膜症 18 10 30 26 18 20 17 0
角膜白斑 1 0 5 2 4 5 0 0
円錐角膜 0 2 4 6 3 2 0 0
角膜ジストロフィー 5 0 5 3 1 4 1 0
その他 2 3 7 4 6 6 12 0
合 計 26 15 51 41 32 37 30 0
【術式別角膜移植手術件数】
年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
全層角膜移植(PKP) 16 6 16 15 10 11 9 0
表層角膜移植(LKP) 1 0 5 1 5 5 2 0
表層角膜移植(ALTK) 1 0 0 1 1 2 1 0
深層前部表層角膜移植術(DALK) 1 3 12 5 5 5 2 0
角膜内皮移植術(DSAEK) 7 6 18 18 11 14 10 0
その他       1 0 0 6 0
合 計 26 15 51 41 32 37 30 0

〔4〕エキシマレーザー手術・屈折矯正外来

年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
LASIK手術 40 32 16 9 8 6 0 0 0 0
PRK手術 1 1 0 34 2 2 1 0 4
PTK手術 26 21 26 37 26 21 12 14 18
67 54 43 46 43 34 23 13 14 22

スタッフ紹介

野田 徹
氏名
野田 徹
職名
眼科科長、医療情報部長、東京医療保健大学大学院看護研究科臨床教授
卒業年度
1986年卒
資格
日本眼科学会専門医、東京都 難病指定医
専門分野
眼科一般、白内障・眼光学、眼科医療機器開発
メッセージ
当院での白内障手術は、保険診療適応の眼内レンズを適切に選択して行っております。
秋山 邦彦
氏名
秋山 邦彦
職名
眼科医長
卒業年度
1995年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士
専門分野
網膜硝子体疾患
メッセージ
網膜硝子体手術、白内障手術を多数行っています。結果がよいことや高い技術を保つことだけでなく、手術に伴う患者さんの負担と合併症を最小限におさえること、そして常に最良の方法を取り入れることに努めています。
渡辺 健
氏名
渡辺 健
職名
医員
卒業年度
2000年卒
資格
日本眼科学会専門医
専門分野
網膜硝子体疾患
メッセージ
主に網膜硝子体・白内障手術を行っております。
松木 考顕
氏名
松木 考顕
職名
医員
卒業年度
2008年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士
専門分野
網膜硝子体疾患
メッセージ
丁寧な診療を心がけています。
川島 弘彦
氏名
川島 弘彦
職名
医員
卒業年度
2009年卒
資格
医学博士
専門分野
眼科一般
藤井 祥太
氏名
藤井 祥太
職名
医員
卒業年度
2009年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士
専門分野
角膜・前眼部疾患
メッセージ
治療を受けるメリットとデメリットが伝わるように説明を心がけています。
矢島 潤一郎
氏名
矢島 潤一郎
職名
医員
卒業年度
2013年卒
資格
日本眼科学会専門医
専門分野
緑内障
メッセージ
それぞれの患者様にあった治療を提供できるよう、丁寧な診療を心がけています。
大野 建治
氏名
大野 建治
職名
非常勤医師
卒業年度
1992年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士
専門分野
角膜・屈折矯正手術
桑原 克之
氏名
桑原 克之
職名
非常勤医師
卒業年度
1993年卒
資格
日本眼科学会専門医、呼吸器外科専門医
専門分野
眼形成外科
佐々木 真理子
氏名
佐々木 真理子
職名
非常勤医師
卒業年度
1993年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士
専門分野
黄斑部疾患
岩波 将輝
氏名
岩波 将輝
職名
非常勤医師
卒業年度
2005年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士
専門分野
角膜・前眼部疾患
成尾 麻子
氏名
成尾 麻子
職名
非常勤医師
卒業年度
2005年卒
資格
日本眼科学会専門医
専門分野
緑内障
メッセージ
丁寧な説明と一人一人の患者様にあった治療の提供を心がけています。
中村 奈津子
氏名
中村 奈津子
職名
非常勤医師
卒業年度
2008年卒
資格
日本眼科学会専門医
専門分野
網膜変性症・視覚電気生理
中江 泰之
氏名
中江 泰之
職名
眼科専攻医
卒業年度
2015年卒
専門分野
眼科一般
陳 世偉
氏名
陳 世偉
職名
眼科専攻医
卒業年度
2017年卒
専門分野
眼科一般
早川 卓浩
氏名
早川 卓浩
職名
眼科専攻医
卒業年度
2018年卒
専門分野
眼科一般
上田はるか
氏名
上田はるか
職名
眼科専攻医
卒業年度
2019年卒
専門分野
眼科一般
白石 裕紀
氏名
白石 裕紀
職名
眼科専攻医
卒業年度
2020年卒
専門分野
眼科一般
角田 和繁
氏名
角田 和繁
職名
視覚研究部長
卒業年度
1991年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士、視覚研究部ホームページ
専門分野
網膜(黄斑)ジストロフィ・視覚電気生理学
メッセージ
当院に受診して良かったと思って頂けるように、丁寧な診療を心がけています
藤波 芳
氏名
藤波 芳
職名
視覚生理学研究室長
卒業年度
2004年卒
資格
日本眼科学会専門医、医学博士
専門分野
眼科遺伝学・遺伝子治療・視覚電気生理学
expand_less