臨床研究センター(感覚器センター)

最新情報最新情報

2022年03月11日
第15回WEB感覚器シンポジウム
2020年10月28日
研究年報2019 No.17
2020年01月22日
【開催中止】第15回感覚器シンポジウム開催
2019年11月15日
研究年報2018 No.16
2018年08月01日
研究年報2017 No.15
2018年07月20日
第13回感覚器シンポジウム記録集発行
2018年03月02日
第13回感覚器シンポジウム開催
2017年12月01日
若手研究者発表会2017 開催
2017年08月01日
研究年報2016 No.14
2017年06月30日
第12回感覚器シンポジウム記録集発行
2017年02月10日
第12回感覚器シンポジウム開催
2016年11月18日
若手研究者発表会2016 開催
2016年08月01日
研究年報2015 No.13
2016年03月04日
第11回感覚器シンポジウム開催
2015年11月02日
若手研究者発表会2015 開催
2015年08月20日
第10回感覚器シンポジウム記録集発行
2015年08月01日
研究年報2014 No.12
2015年03月06日
第10回感覚器シンポジウム開催
2014年12月25日
若手研究者発表会2014
2014年10月25日
東京医療センター臨床研究(感覚器)センター設立10周年記念講演・式典開催
2014年08月14日
第9回感覚器シンポジウム記録集発行
2014年08月01日
研究年報2013 No.11
2014年03月14日
第9回感覚器シンポジウム開催
2013年08月31日
第8回感覚器シンポジウム記録集発行
2013年05月01日
研究年報2012 No.10
2013年03月31日
感覚器センターだより No.4
2013年02月22日
第8回感覚器シンポジウム開催
2012年12月06日
平野俊夫先生 特別講演会開催
2012年11月02日
東京医療センター若手研究者発表会2012開催
2012年09月20日
実験動物慰霊祭開催
2012年09月13日
動物実験講演会
2012年08月28日
第7回感覚器シンポジウム記録集発行
2012年08月15日
東京医療センターが「実施した動物実験に関する自己点検・評価報告」について
2012年06月21日
研究年報2011 No.9
2012年03月10日
第7回感覚器シンポジウム
2011年11月25日
日高弘義先生 特別講演会開催のお知らせ
2011年10月14日
東京医療センター若手研究者発表会2011
2011年09月30日
科研費の適正な執行の確保について
2011年09月01日
研究年報 2010  No.8
2011年05月31日
第6回感覚器シンポジウム記録集
2011年04月01日
宇治 幸隆 感覚器センター長就任
2011年03月30日
感覚器センターだより No.3
2011年03月04日
第6回 感覚器シンポジウムのお知らせ (感覚器研究のフロンティア)
2011年01月29日
第6回 市民公開講座 (聴覚障害シリーズ)のお知らせ
2010年09月10日
オカルト黄斑ジストロフィーの原因遺伝子を解明
2010年03月11日
第5回 感覚器シンポジウムのお知らせ
2009年03月13日
第4回 感覚器シンポジウム (感覚器障害と全身疾患との関係)
2008年11月29日
厚生労働科学研究 (感覚器障害研究) 研究成果発表会 (一般向け)
2008年07月28日
Robert E. Anderson先生講演会のお知らせ
2008年05月30日
第1回感覚器センター若手研究者発表会のお知らせ
2008年03月12日
第1回感覚器サミットのお知らせ
2008年03月07日
第3回NISO感覚器シンポジウムのお知らせ
2007年12月15日
厚生労働科学研究・感覚器障害研究事業・研究成果発表会(一般向け)のお知らせ
2007年08月27日
第5回 感覚器研究会 「産学官+患」 連携東京会議のお知らせ
2007年08月01日
感覚器センターのホームページが更新されました
2007年04月02日
感覚器センターの組織が変更されました
2007年04月02日
加我 君孝 感覚器センター長就任
2007年03月19日
三宅養三先生最終講義のお知らせ
2007年02月13日
第2回感覚器シンポジウムのお知らせ
2007年02月07日
臨床疫学研究室のHPが更新されました。
2006年12月08日
感覚器研修会のお知らせ
2006年12月01日
第2回感覚器ワークショップのお知らせ2
2006年07月06日
井上信治 衆議院議員が感覚器センターを視察
2006年06月12日
平成19年度厚生労働省戦略課題として「感覚器」が承認される
2006年05月22日
第2回感覚器ワークショップのお知らせ1
2006年05月05日
山際大志郎衆議院議員と井上信治衆議院議員がアメリカ国立眼研究所を視察
2006年04月21日
NATIONAL EYE INSTITUTE WORKSHOP ON COLLABORATIVE INTERNATIONAL RESEARCH OPPORTUNITIES
2006年03月24日
第1回感覚器シンポジウム開催
2006年03月09日
感覚器セミナー(緒方奈保子 先生)
2006年02月16日
感覚器に関するワークショップ
2006年02月15日
厚生労働省 中谷比呂樹 障害保健福祉部長が感覚器センターを視察
2006年02月13日
加藤紘一衆議院議員と山際大志郎衆議院議員が感覚器センターを視察

感覚器センターの概要

名称 独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 臨床研究センター(感覚器センター)
所在 〒152-8902
東京都目黒区東が丘2-5-1
電話 03-3411-0379
FAX 03-3411-0185

臨床研究センター(感覚器センター)は、臨床部門と密接に連携をとりながら、眼科、耳鼻咽喉科を中心とした感覚器疾患の病因解明と、治療法の開発を行うため、内外の研究者に研究の場を与え、得られた成果を広く世界に発信します。

さらに、東京医療センターが担う政策医療分野(がん,循環器疾患,腎疾患,内分泌・代謝疾患,免疫異常疾患,血液造血器疾患,成育医療,精神疾患等)を含めた幅広い臨床研究を推進します。

政策医療ネットワーク等を活かした臨床研究を進め、病気の原因究明はもとより、それらによる障害を持たれた方の苦しみを調査し、現実に即した解決方法を見出すことも目的にして、患者さんに身近な臨床研究センターをめざします。

ご挨拶

臨床研究センター長(感覚器センター長)事務取扱
東京医療センター院長 新木 一弘

国立病院機構では、医療の質の向上を目指して、国立病院機構病院間のネットワークを活かし臨床現場に根ざした多施設共同研究や大規模臨床研究などを行うために、それぞれの病院が研究部門を有しています。東京医療センターには、1979年に目と耳の領域の研究を担う「臨床研究部」が設置され、2003年10月には「臨床研究センター(感覚器センター)」に格上げされました。

臨床研究センター(感覚器センター)には5部15室が設けられ、分子細胞生物学研究部、視覚研究部、聴覚・平衡覚研究部、人工臓器・機器開発研究部の4部が感覚器センターとしての機能を担ってまいりました。分子細胞生物学研究部では、遺伝性網膜疾患の遺伝学的解明や治療法の開発、視覚研究部では遺伝性網膜疾患の診断や治療方法の研究開発、聴覚・平衡覚研究部では遺伝性難聴や視覚聴覚二重障害の研究、人工臓器・機器開発研究部では、SpeechとHearing障害についての新たな技術の臨床応用のための研究などを行っています。

一方、政策医療企画研究部は、臨床研究や治験を推進する役割を担っております。その中にある臨床研究・治験推進室では製薬企業主導のいわゆる治験はPMDAによる規程に従った研究が行われるよう支援を行っております。また、手術支援ロボット技術応用研究室におけるロボット手術の研修を行うとともに、認知症患者さんのケアの向上のため、高齢者ケアメソッドであるユマニチュードの普及を目指して、ユマニチュードトレーニングセンターを立ち上げています。

さらに、院内には、2018年に臨床研究法が施行されるに当たり、被験者の人権保護などを十分に保護した適切な特定臨床研究が行われるよう、臨床研究支援センター及び倫理審査委員会を新たに設けられました。また、遺伝学的検査・診断業務とその関連業務が被検者やその家族及び血縁者の人権を保障し、適正に行われるよう臨床遺伝センターも設けています。

臨床研究センター(感覚器センター)ではこれまで大きな成果を上げてきましたが、今後さらに、新たな臨床研究の枠組みを生かして、研究者が活躍できるような環境を作ってまいります。

令和2年4月

センターの役割

組織図

沿革

1979年 4月 国立東京第二病院に1部5室の臨床研究部設置
臨床研究部のテーマは難病・感覚器とされた
1998年 4月 国立病院東京医療センター臨床研究部に名称変更
2003年 10月 5部15室に拡充され、臨床研究(感覚器)センターに昇格
旧病棟を改修した管理棟の5階、6階を中心に研究フロア1階、2階にも研究フロア
2004年 4月 東京医療センターの独立行政法人化に伴い
独立行政法人国立病院機構東京医療センター感覚器センターに

歴代センター長

氏名 期間
市来嵜 潔 2003年 4月 ~ 2005年 3月
(2001年 4月 ~ 2003年 9月まで 臨床研究部長)
松本 純夫 2005年 4月(院長併任)
三宅 養三 2005年 5月 ~ 2007年 3月
加我 君孝 2007年 4月 ~ 2010年 3月
2010年 4月 ~ 2011年 3月(名誉センター長として)
宇治 幸隆 2011年 4月 ~ 2013年 3月
松本 純夫 2013年 4月 ~ 2014年 3月(院長併任)
武田 純三 2014年 4月 ~ 2017年 3月(院長併任)
大島 久二 2017年 4月 ~ 2020年 3月(院長併任)
新木 一弘 2020年 4月 ~ (院長併任)

組織図

各部・部門

expand_less