骨軟部腫瘍センターこのページを印刷する - 骨軟部腫瘍センター

概要・基本方針

良性骨・軟部腫瘍のみならず、希少がんである悪性骨・軟部腫瘍(肉腫)に対しても診療を行うことができる都内で数少ない骨・軟部腫瘍専門施設として、2017年10月に当センターを開設いたしました。

骨・軟部腫瘍は、四肢、体幹、脊椎、骨盤の骨や筋肉、皮下組織、末梢神経などにできる腫瘍のことを言います。骨に発生した腫瘍は骨腫瘍、筋、皮下、末梢神経などの軟部組織に発生した腫瘍は軟部腫瘍と総称します。骨腫瘍と軟部腫瘍には非常に多くの種類がありますが、大きく分けると、骨や軟部組織から直接発生したものを原発性といい、原発性の骨・軟部腫瘍には、それぞれに良性腫瘍と悪性腫瘍があります。またこれとは別に、体の他の部位に「がん」などの病気があって、血液やリンパ液をめぐって移動してきたものを転移性といい、骨に移ってきた場合は骨転移と言います。骨転移に関しては、当院でのがん治療患者を対象とした骨転移外来、骨転移カンファレンスを行い、骨転移患者のQOL改善に取り組んでいます。また、原発性の骨・軟部腫瘍は非常に種類が多く、また発生部位も多岐にわたるため、診断・治療ともに高い専門性が要求されます。当センターでは、日本整形外科学会認定骨・軟部腫瘍医2名が診療にあたり、診断においては放射線診断医、病理医と連携し診断困難例にも対応しています。また、診療連携施設として国立研究開発法人国立がん研究センター、国立研究開発法人成育医療研究センター、慶應義塾大学病院があり、これらの機関と連携し高度医療の実践を行っています。

診療の特徴

放射線科と連携し、CTガイド下の診断・治療など低侵襲治療を提供しています。がん専門病院では治療が難しい合併症を有する患者に対しても他の診療科の協力を得ながら、安全に治療を行っており、特に高齢者の悪性骨・軟部腫瘍の診察実績が多くあります。

扱う主な疾患

良性骨腫瘍
骨軟骨腫、内軟骨腫、骨嚢腫、線維性骨異形成、類骨骨腫、軟骨芽細胞腫など
良性軟部腫瘍
脂肪腫、神経鞘腫、血管腫、腱滑膜巨細胞腫など
中間悪性骨腫瘍
骨巨細胞腫など
中間悪性軟部腫瘍
デスモイドなど
悪性骨腫瘍
乳がん、肺がん、前立腺がん、腎がんなどの骨転移、骨肉腫、軟骨肉腫など
悪性軟部腫瘍
脂肪肉腫、未分化多形肉腫、平滑筋肉腫、滑膜肉腫、悪性末梢神経腫瘍など

診療実績

 
  良性軟部腫瘍 悪性軟部腫瘍 良性骨腫瘍 悪性骨腫瘍 その他
2020年 63 18 10 3 14 122

スタッフ紹介

森岡 秀夫

森岡 秀夫

職名

骨・軟部腫瘍センター長/整形外科科長、特命院長補佐、国立病院機構参事

卒業年度

1988年卒

資格

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定骨軟部腫瘍医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本リウマチ学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医

専門分野

骨・軟部腫瘍外科、化学療法

前慶應義塾大学整形外科准教授
約30年間の骨・軟部腫瘍疾患治療歴

吉山 晶

吉山 晶

職名

骨・軟部腫瘍センター副センター長/整形外科医員

卒業年度

2001年卒

資格

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定骨軟部腫瘍医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本がん治療認定医機構認定医

専門分野

骨・軟部腫瘍外科、化学療法

慶應義塾大学病院、杏林大学医学部付属病院などで多数の骨・軟部腫瘍治療歴