がんサポート・心不全緩和ケアチーム

概要・基本方針

がんをはじめとする重大な病気は、心身両面に大きな影響をもたらし、患者さんやその御家族の生活の質(QOL; Quality of Life)を大きく低下させる恐れがあります。平成17年度より「入院しているがん患者の身体的・精神的・社会的苦痛の緩和」「医療従事者の緩和ケアに関する知識・技術の向上に寄与する」ことを目的とし、緩和ケアチームとして活動を実施しています。

診療の特徴

外来診療

緩和ケア外来では、医師・看護師・薬剤師が連携し、主に、がん患者さんの痛み、しびれ、呼吸困難などの身体症状、あるいは、がん治療に伴う副作用症状に対する投薬治療を行っています。また、必要に応じて精神症状に対応する精神科医師への紹介、その他必要な医療部門へのご相談のお手伝いなども行っています。さらに、当外来では、在宅療養中にがん患者さんの症状コントロールに難渋した場合など、薬剤調整の相談窓口として、地域連携の予約枠も設けておりますので、ご利用頂ければと思います。

入院診療

当院には緩和ケア病棟はなく、他の診療科にご入院中の患者さんとその御家族に関するコンサルテーションというスタイルで診察させて頂いております。診療の対象となる主な疾患は、がん(診断された直後を含め様々な段階)と末期心不全(1年に2回以上の入院加療を要するような状況にある場合)、対応する内容は、ご病気に伴う痛み、呼吸困難、悪心・嘔吐などの身体症状、不眠、不安、せん妄などの精神症状、ご家族の不安や落ち込み、今後の治療や療養先の検討のサポートなどとなります。
対応は、多職種からなるチーム(がんサポート/心不全緩和ケアチーム)として行っており、身体症状担当医師、精神症状担当医師、専従看護師、専任薬剤師、栄養士が中心となり、リハビリテーション科や放射線科、整形外科、歯科口腔外科、がん看護外来、がん相談支援センター、臨床心理士などと密に連携し診療にあたっています。様々な問題に対し、チーム・メンバーが病棟回診を行い、主治医、病棟スタッフと連携し、患者さんとご家族が抱える苦痛・苦悩を緩和する、より良い方法を考えていきます。

教育

院内外に向け、緩和ケアの啓発のための各種研修会や勉強会、市民公開講座などを企画・運営しています。

診療実績

年間依頼件数推移

令和元年度の原疾患別依頼件数

expand_less