ロービジョン研究室

研究室紹介

ロービジョン研究室では、視覚障害に関連する病態生理の解明とリハビリテーション推進のため、以下の研究課題に取り組んでおります。

室長 野田 徹

室長 野田 徹
特別研究員 大沼一彦(非常勤:千葉大工学部)
ロービジョン室・眼球光学系解析研究斑 逸見睦子(東京医療センター視能訓練士) 村井徳子(同上) 藤池佳子(同上) 山口洋子(同上) 太刀川貴子(非常勤研究員:東京女子医大眼科) 五嶋摩理(同上)
高次視聴覚認識機能研究斑 榎本千江子(東京医療センター言語聴覚士) 吉田正樹(非常勤研究員:慈恵医大眼科) 柴 琢也(同上)
難治性視覚障害疾患(網膜・硝子体)研究班 秋山邦彦(東京医療センター眼科医員) 寺内直毅(同上)

視聴覚機能とその障害の病態生理の解明

視覚は、眼球というカメラに映った画像が神経系により脳に伝達され、複雑な情報処理が行われて認識されます。視覚およびその障害の解明には、それぞれのプロセス毎に客観的な評価法を確立し、解析する必要があります。

眼球光学特性とその障害の解明

角膜、水晶体、眼内レンズ(レンズ光学系)から網膜・脈絡膜(スクリーン光学系)までの眼球光学特性に関する解析を行っています。

PSFアナライザーの開発と臨床応用

厚生労働科学研究事業による千葉大学工学部、トプコン社との産官学共同研究により、眼球の光学性能の質の評価(コントラスト感度や推定矯正視力)を可能とするPSFアナライザーを開発し、さらにその臨床応用を進めています。この装置により、人間の網膜に映っている像をコンピュータグラフィックスにより描出し、「どのように見えにくいか」を再現することができるようになります。

視聴覚高次認識機能とその障害の解明

視聴覚認識に関する脳の複雑な機能を解析する方法には、functional MRI、MEG、PECT、赤外線脳トポグラフィーなどがあります。当研究室では、主にfunctional MRIを用いた視聴覚認識機能の解析研究を行っております。

Functional MRIを用いた視聴覚研究

GE社製fMRIシステム(1.5T, Sigma MR/i:Echospeed、解析系:SPM、Brain-Voyager)テンソル画像解析システムを整備し、放射線科スタッフの協力を得て視聴覚認識機能に関する解析研究を進めています。将来は感覚器センターの特長を生かして、視覚聴覚研究分野の幅広いスタッフと連携し、言語認識から芸術音楽認識を含めた視聴覚認識に関する統合的研究へ発展させたいと考えています。

ロービジョン リハビリテーション

ロービジョン者の視力、視野、暗順応、色覚などの各障害に関する病態生理の評価から、ロービジョン支援機器開発、視覚障害者が安心して受診できる医療環境づくりの推進に寄与する研究を担っていきたいと考えております。

ロービジョンルーム

各種拡大鏡、遮光眼鏡、ロービジョン支援用PCなどを備えたロービジョンルームを開設しています。 ロービジョンクリニックを通じて視覚障害者のリハビリテーションに貢献できる研究を担っていきたいと考えています。

難治性視覚障害疾患に関する研究

網膜硝子体疾患とその視覚障害に関する研究を行っています。

黄斑変性症DNAバンク

オンライン症例登録システムを用いた黄斑変性症の遺伝子バンク事業を細胞分子生物研究部(岩田研究班)と共に進めています。

新しい画像診断・治療システムの開発

眼球光学系の解析研究を基礎に、より精密な眼内操作を可能とする眼科手術顕微鏡の開発や、最新の映像技術を眼科・視覚研究領域に応用するための研究計画を進めています。

expand_less